印鑑の使い方を知ろう

印鑑は宅急便などの荷物や書留を受け取るとき、契約を交わすとき、銀行からお金を引き出すときなど様々なシーンで使われています。本来、印鑑という意味は真偽を照らし合わせるために市町村長や取引先などにあらかじめ提出しておく印影のことなのですが、印章と同様の意味としても使われています。

印鑑にはいくつか種類があり、その印鑑によってふさわしい書体や大きさがあります。ハンコの押し方によっては契印、割印、消印、訂正印などの呼び名があります。印鑑はとても大切なものであり、不動産の売買や重要な契約を行うときに使われる実印や、預金の払い出と手形や小切手を発行したり振り出すときに使われる銀行印などがあります。

代表者印や実印、銀行印のような登録印鑑は偽造などによって使われてしまうと被害が出る可能性があります。銀行印と認印は同じものにする会社などがありますが、分けて使うことをお勧めします。実印と銀行印を同一のものにする会社もありますが悪用されると危険ですし、盗難にあった場合は手続きなども面倒ですので避けた方がよいでしょう。

社会人になったのならば印鑑の使い方を知っていた方が、仕事の内容を理解してすすめることができますし、家庭でも印鑑を購入するときの参考になります。きちんと使い方を知っていれば家庭でも最も大切な実印や銀行印と認印を同じものにしないはずです。

認印といえども軽く考えてはいけません。認印も捺印することで大きな効力があるのです。知れば知るほど奥の深い印鑑の使い方を学んでいきましょう。

~注目情報~
旅行先の予期せぬ入院の際にも補償をしてくれる、海外旅行保険の情報サイトです ⇒⇒ 海外旅行保険 情報

印鑑の使い方を知ろう

印鑑の特徴

印鑑にはいくつかの種類があり、その印鑑によって様々な用途があります。そして印鑑にはそれぞれ特徴があります。 代表者印は円形で円が二重になっており、外枠に会社名や店名が彫られているものです。内側には代表取締役印や代表者印と彫られてあります。書体は 篆書体や古印体、印相体が多いです・・・

印鑑の用途

会社には印鑑は欠かせない存在です。会社に必要な印鑑ですが、用途によっていくつか種類があります。 会社の実印として役割をする代表者印は本店の所在地に届け出た印鑑であり、不動産の売買や会社を代表して重要な契約を交わすときに使われます。これは最も重要な印鑑といえます。 銀行印は金融機関で口座・・・